連続テレビ小説 瞳(33)「がんばりすぎました」

▽出張で東京に来た百子(飯島直子)は瞳(榮倉奈々)が倒れたと聞いて月島へ駆けつける。百子の言葉に、瞳はダンスか子供たちかどちらかひとつを取るべきなのか悩みだす。